別 名
所在地 山梨県都留市川棚
築城者 小山田信有
築城年 享禄5年(1532)
廃城年 宝永元年(1704)
現 状 山林
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 山梨県指定史跡
評 価
 勝山城は谷村城が築城されたときに小山田氏により築かれたというが、山頂に見張り台を置いた程度のものだったと思う。本格的な築城は豊臣政権下で浅野氏が統治した時代と思われる。近世は鳥居氏と秋元氏の居城となったが石垣はこの時代に積まれたのだろう。
勝山城 外堀跡 内堀跡
川棚見張台跡 帯曲輪跡 三の丸跡
二の丸跡 二の丸跡の石垣 本丸跡
御茶壺蔵跡の堀切 御茶壺蔵跡 勝山城からの眺望
 はじめて勝山城を訪ねた頃の富士急行の車内は閑散としており平日の通学の時間帯を過ぎればほとんど乗客はいなかった。ひなびた感じがして時間がゆっくりと流れるようでとても好きだったが、富士山が世界遺産に登録されてからは一気に外国人観光客が増えた。それに便乗して富士急行も特急を増便するなど収益向上に余念がなく運賃はかなり法外な料金設定となってしまい以前ほど訪れなくなった。気分転換に都会を離れて田舎の風景と静けさを楽しみたいのに寒村でむせ返るような異国情緒を味わうのはまったく嬉しくない。
 本丸の石垣はよく残っているが西側斜面の石垣はほとんど崩落していた。心配なのは全体的に崩落が進んでいることである。温暖化の影響で大型台風や集中豪雨が毎年のように起こり各地で山城の崩壊が問題となっているが、勝山城も斜面の崩落が顕著となっているのがとても残念だった。城山へ訪れる度に思うのが豊かな自然に満ち溢れているということだった。桂川は清らかな水が流れていて渓流にしか住めない魚もこの川では見ることができる。勝山城はなぜか緑が濃い時期にばかり訪ねているが、東京近郊はもちろん埼玉県の丘陵地帯でもほとんど見られなくなった美しいハンミョウやタテハチョウの仲間が乱舞していた。秋に訪れたときの城山の周辺はコスモスが綺麗だったことをとてもよく覚えている。
富士急行「谷村町」下車 徒歩20分
中世城郭事典/新人物往来社・城郭と城下町/小学館
2004/10/02・2008/10/26・2012/06/15