福島城
 
別 名
所在地 山梨県甲府市大手
築城者 真田幸隆
築城年 戦国時代
廃城年 天正2年(1574)
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
案内板
 
 武田二十四将きっての知将は真田幸隆だが、実名は幸綱であることが最近の研究で明らかとなった。この時代の武士はよく改名するので幸隆と名乗る時代もあったと思う。日本人に人気のある真田一族の中興の祖と言える名将である。
 外様ながら躑躅ヶ崎館の近くに屋敷を与えられている。竜華池へ続く大手入口の街角に標柱があった。武田信虎が信濃の武将たちとともに小県を蹂躪したとき、幸隆は同族の羽尾氏を頼り上州へ逃げた。箕輪城主長野業正の庇護を受け雌伏の時代を過ごしていたが、信虎が追放されると武田信玄に招かれ信濃に戻り、その後は信濃先方衆として大活躍している。
 真田氏の血の濃さは驚嘆に値する。子の信綱、昌輝、昌幸に孫の信幸、信繁に至るまで才能溢れる人物が並ぶ。昌幸はやや腹黒い印象を与える人だが、幸隆は孫の信繁と同じく爽やかな印象を後世に残している。
 
JR中央本線・身延線「甲府」下車 山梨交通バス「武田神社」行で終点下車 徒歩3分
 
2015/04/17 武田二十四将伝/新人物往来社