福島城
 
別 名
所在地 山梨県甲府市大手
築城者 小幡昌盛
築城年 戦国時代
廃城年 天正10年(1582)
現 状 北東中学校
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
案内板
 
 武田信虎と信玄の二代に仕えた小畠虎盛と信玄、勝頼に仕えた小幡昌盛の屋敷跡である。父と子で苗字に相違があるが、元々は小畠姓で昌盛のときに信玄が小幡姓に改姓させた。
 屋敷跡は北東中学校の西側にあり、親子二代の名前が併記されている。遠州から招かれて武田氏に仕えた外様だが、その戦歴といい待遇といい譜代と何ら変わらない。武田氏落日のときに昌盛は病を押して勝頼のもとへ暇乞いに参上している。親族と重臣が相次いで離反する中で昌盛の行動には勝頼を痛く感動させた。父虎盛が死に際に息子たちに残した「よく身の程を知れ」という遺言も立派だ。これほど簡潔ながらも心に響く言葉を他に知らない。
 
JR中央本線「甲府」下車 山梨交通バス「武田神社」行で「歯科医師会館」下車 徒歩15分
 
2015/04/17 武田二十四将伝/新人物往来社