別 名 古郡館・内城館
所在地 山梨県上野原市上野原
築城者 古郡忠重
築城年 康治年間(1142〜44)
廃城年 天正10年(1582)
現 状 稲荷神社
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 上野原市指定史跡
評 価
 上野原は武蔵七党横山党の古郡左衛門尉保忠が構えた館があった。和田義盛の乱で横山党の多くは没落し古郡氏も同じ道を辿っている。没落した古郡氏に代わり上野原の領主となったのが加藤氏であり、武田氏全盛の頃は加藤丹後守景忠が小山田信茂とともに北条氏に対する備えを固めていた。武田勝頼が滅亡したときに加藤景忠は織田軍の残党狩りから逃れるために一族郎党を引き連れて武蔵へ逃亡したが、入間郡を前にして北条氏の討手に討たれたとも土民の襲撃で命を落としたともいう。東京都西多摩郡瑞穂町には景忠を弔う塚が残っていたが国道建設のために移転を余儀なくされている。
上野原城 主郭跡の稲荷神社 堀跡
 上野原城は中央高速道路の建設でほとんど失われてしまい、主郭跡にある稲荷神社に案内板が建つだけとなっている。その案内板も以前に設置されていたものは上野原城の歴史について詳細に記されていたが、新しい案内板はずいぶんと簡潔な文章だった。今の案内板には上野原城の図面があり稲荷神社の西と北の道路は当時の堀だったことがわかる。道路の西に一段低い畑があり堀の痕跡と思われる。
JR中央本線「上野原」下車 徒歩20分
2003/10/14・2012/10/05
甲斐の山城と館/戎光祥出版・上野原城跡案内板