別 名
所在地 山梨県中央市浅利
築城者 浅利義成
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 浅利与一義成は源清光の十一男として生まれている。弓の名人として知られ壇ノ浦の戦いでも自慢の弓で手柄を立てている。また鎌倉幕府に対して挙兵した城長茂の妹板額御前を妻にした武将ということでも知られる。浅利氏は出羽に赴任した一族が戦国時代末期まで続いているが、甲斐浅利郷に残った一族も武田信玄の時代まで活躍しており永禄12年(1568)の三増峠の戦いでは浅利信種が殿軍を務めて戦死している。
台地を廻る水路 諏訪神社の土塁 諏訪神社の土塁
 弓の名手浅利与一の館跡を探して真夏のような気温の浅利郷を訪ね歩いた。浅利与一義成の館跡探しは難渋を極め6月半ばであるのに午前中で気温が30度を超える真夏日だった。日差しのきつさはもちろんアスファルトの照り返しが強く途中から意識が朦朧としていた。
 諏訪神社までは難なく行くことができた。境内に土塁があるのでここも浅利氏居館の候補地として挙げられよう。丘に上がりそれらしい場所を探したが牛舎や墓地があるだけで肝心の石碑が見つからない。洗車中の若い男性に尋ねると家にいた父親まで呼んできていろいろと調べてくれた。このあたりであることは間違いないが石碑の場所までは知らないということだった。お礼を言ってから丘を下り車道を歩いていると館跡の石碑があった。丘の上は一面の藪で北側に水を湛えた用水路があるぐらいだった。ここから上野城まで40分ほど歩いたが意識が朦朧としていてあまり覚えていない。
JR身延線「東花輪」下車 徒歩45分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2016/06/18