福島城
 
別 名
所在地 山梨県甲府市屋形
築城者 武田信繁
築城年 戦国時代
廃城年 永禄4年(1561)
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
案内板
 
 武田信虎の次男として生まれた信繁は兄信玄をよく援け、武田の副将軍と呼ばれて今も人気がある。川中島での戦いぶりに感動した真田昌幸は次男に信繁と命名している。
 諏訪侵攻や村上義清との戦いでも先手として出陣し、いずれの戦場でも勇ましく戦っているが、川中島の戦いで劣勢に陥った中、上杉軍の突撃から本陣の信玄を守るために奮戦し討死した。晴信は信繁の亡骸にすがりつき号泣したという。
 
JR中央本線「甲府」下車 山梨交通バス「武田神社」行で「山梨大学北」下車 徒歩5分
 
2015/04/17 武田信繁屋敷跡案内板