別 名 一条信龍館
所在地 山梨県西八代郡市川三郷町上野
築城者 一条信龍
築城年 戦国時代
廃城年 天正10年(1582)
現 状 蹴裂神社
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 市川三郷町指定史跡
評 価
 上野城は武田信玄の弟にあたる一条右衛門大夫信龍の居城である。城というより館程度の規模であることは周辺を歩いてみてわかった。一条氏は甲斐源氏の名門だが信玄在世時は絶家となっていた。名家が絶えていることを惜しんだ信玄が弟の信龍に継がせたわけだが、信龍はその名に恥じぬ猛将だったらしい。派手な軍装を好んだとも伝わるが残念ながら映画やドラマには登場してこない。天正10年(1582)の武田氏滅亡の間際でも信龍は上野城で徳川軍を相手に勇ましく戦い討死したという。
蹴裂神社 一条右衛門大夫信龍の祠 三珠町文化資料館
 6月中旬の甲斐盆地の気温は30度を超えていた。路面の照り返しを考えれば体感気温はさらに増すと思う。こんな暑い日になぜ盆地特有の暑さがある山梨へ出かけたかはわからない。身延線に乗ったのはこのときが初めてだった。車内に車掌がいて運賃精算をしていたが子どもの頃に乗った車内でもこんな風景を見たことがあった。
 東花輪駅で降り立ったときには既に炎天下だった。浅利与一館を探すのに手間取り上野城に着いたときは意識が朦朧としていた。立派な石碑と案内板があるものの遺構はなかったと思う。天守を模した文化資料館があるが見学することはせず高台にある上野城跡の日影で涼を入れて休んだ。ここから市川大門駅まで歩き甲斐源氏旧蹟を訪ねる予定だったが熱中症気味のために取り止めて甲斐上野駅へ向かった。
JR身延線「甲斐上野」下車 徒歩5分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2016/06/18