福島城
 
別 名
所在地 山梨県甲府市屋形
築城者 三枝守友
築城年 戦国時代
廃城年 天正3年(1573)
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
案内板
 
 三枝守友屋敷は武田通りからひとつ西の裏通りにある。レンガ調の鮮やかな壁の前に標柱があった。三枝氏は甲斐源氏よりも古くから甲斐にいた古代豪族だが、守友の家系がそれを受け継いでいるかは知らない。今も山梨県を旅すると三枝姓の表札をよく見かける。
 古文書などで確認される確実な名乗りは昌貞である。一時的に武田信玄の勘気に触れたようで武田本陣が窮地に陥った川中島の戦いの前後には名前が見えない。早くに勘気は解かれたようで上州侵攻や小田原城攻囲には参戦し、三方ヶ原の戦いでは猛将で名を馳せた山県昌景が守友のことを「若獅子のようだ」と評している。
 
JR中央本線「甲府」下車 山梨交通バス「武田神社」行で「歯科医師会館」下車 徒歩10分
 
2015/04/17 武田二十四将伝/新人物往来社