別 名
所在地 山梨県甲州市勝沼町勝沼
築城者 勝沼信友
築城年 戦国時代
廃城年 永禄3年(1560)
現 状 史跡勝沼氏館跡
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 戦国時代に武田信虎の弟勝沼五郎信友が構えた居館である。小山田氏が臣従する以前は勝沼氏館が郡内地方への備えとなっていた。天文4年(1535)に信虎が万沢口で今川氏輝と争ったのに乗じて郡内へ侵入した北条氏綱を迎撃した信友は手勢270騎を率いて山中湖畔で戦い討死している。跡を継いだ勝沼信元は武田信玄の時代に一門衆として活躍したが永禄3年(1560)に上杉謙信の調略に乗り武蔵の藤田重利と内通したことが露見して山県昌景に斬られたという。
虎口 空堀 空堀
土塁 復元土塁と水路 水路
 勝沼氏館は国指定史跡として綺麗に整備されている。近世風の櫓を建設することなく中世豪族居館の様子を上手に伝えている。土塁と空堀の織り成す美しさは感動すら覚えたほどだった。見学のしやすさと史跡保存を両立させた好例だと思う。館跡周辺の発掘も進んでおり一部に水路や建物などが復元されている。東京都と埼玉県の城館ばかり訪ねていた僕にとって勝沼氏館は山梨県へ版図を広げる足掛かりとなったので尚更愛着を感じる。勝沼ぶどう郷駅を起点として岩崎氏館や栗原氏屋敷など武田一族の館跡を訪ね歩いたことがとても懐かしく感じる。
 適度な整備がされておりとても歩きやすい。虎口には石積も見られ南西を日川の断崖に守られ北東は巨大な空堀が廻る。土塁も巨大であり勝沼氏の格式が伝わる遺構だった。発掘調査をもとに当時の建物や水路が一部復元されているのも良い感じだった。中央本線に揺られて山々を越えて勝沼まで来ると一気に甲斐へ来たという気分が高まるが、その玄関口にあたる勝沼氏館は気持ちをさらに高揚させてくれる。
JR中央本線「勝沼ぶどう郷」下車 徒歩20分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2003/01/15・2008/12/29