福島城
 
別 名
所在地 山梨県甲府市屋形
築城者 内藤昌豊
築城年 戦国時代
廃城年 天正3年(1575)
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
案内板
 
 躑躅ヶ崎館の梅翁曲輪を散策していたときに見つけたのが内藤昌豊の屋敷跡だった。山県昌景をして真の副将と言わしめた昌豊が内藤姓を名乗るのは晩年のことで、活躍した時代の大半を工藤昌豊と名乗っていた。
 群馬県の城跡廻りをしていると内藤昌豊の名前をよく見かける。信玄の西上作戦に従軍し箕輪城と厩橋城で占領地の経営を任されたことがその要因だろう。勝頼との関係は悪かったようで長篠の戦いで壮烈な討死を遂げたのは52歳の時だった。
 
JR中央本線「甲府」下車 山梨交通バス「武田神社」行で終点下車 徒歩10分
 
2015/04/17 武田二十四将伝/新人物往来社