福島城
 
別 名
所在地 山梨県甲府市屋形
築城者 原昌胤
築城年 戦国時代
廃城年 天正3年(1575)
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
案内板
 
 武田軍の陣場奉行を務めた原昌胤の屋敷跡は宅地と農地になっている。父親の原昌俊も陣場奉行を務めているので血筋なのだろう。陣場奉行とは合戦に先立ち予定戦場の地形や要害を調べ上げ、それぞの部隊の布陣を図に示して本陣に提出し、戦場では刻々と変化する戦況を把握して新たな陣形や作戦を具申するという重要な任務だった。
 武田信玄も陣取りのことは隼人佑と信頼していたという。そんな昌胤の具申も若い勝頼には届かず長篠に軍を展開させた。本陣近くで陣場奉行として最後の仕事を遂行した昌胤は戦場の露と消えている。
 
JR中央本線「甲府」下車 山梨交通バス「武田神社」行で「護国神社入口」下車 徒歩10分
 
2008/12/20・2015/04/17 武田二十四将伝/新人物往来社