別 名 鍋山砦・菱岩城
所在地 山梨県韮崎市神山町鍋山
築城者 武田氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 白山城の歴史はあまりはっきりしていないが武田信義が築いた要害というのは無理がある。武田氏直轄の城なのか武川衆による築城なのかも明確にはされていないが、武田氏が滅んだあとに徳川家康に味方した武川衆が白山城で北条氏に備えたのは確かなようで放射状に掘られた竪堀が特徴的な城でもある。白山城は北砦とムク台烽火台という二つの砦を従えているが、どちらも相当に苦労させられそうな山であり北砦は命がけの覚悟が必要なので登ろうという気にはならなかった。登山はそれほど大変ではなかったが遺構は素晴らしいものだった。巨大な堀切と土塁に迫力があり虎口の土橋もはっきりと残っている。武田氏全盛の頃には必要のない場所に築かれていることもあり、勝頼の晩年に築かれたものとしておきたい。規模はそれほどでもないが武田系の築城という感じは受ける。
白山城 二の郭跡の堀切 竪堀
三の郭跡 三の郭跡の堀切 横堀
主郭跡の虎口 主郭跡の虎口 白山城からの眺望
 武田の里を訪ね歩いたときに登った白山城は素晴らしい遺構が残る山城だった。晩冬の日にひっそりと静まり返る武田八幡神社を訪ねてから白山城へと登ったが主郭を囲む土塁と虎口が特に印象に残っている。その日は一人で武田の里を訪ね願成寺にある武田信義の墓とその居館跡を訪ねたりした。願成寺はちょうど春のお彼岸の時期で境内はけっこう人が多かった。自分は甲斐とは縁もゆかりもない旅行者なので信義の墓参だけして帰ろうと思っていたのだが、住職の方が「休憩所にお茶のご用意があります」と誘ってくれた。まだ若々しい感じの方だったが袈裟の色は紫なので高い位の住職である。先方は多忙だろうし自分は旅行者なのでと遠慮したが「それでもぜひに」と言うのでお言葉に甘えた。
 二度目は年末に城廻り仲間と訪れた。午後の日が傾きかけた時間帯なのでやや駆け足で見ている。前回はまだフイルム撮影だったこともありデジタル画像を残しておきたいので撮影枚数は多めになった。相変わらず立派な土塁に圧倒されたが二度目ということもあり最初に来たときほどの感動はなかった。麓へ戻り砦はどうしようかという話になったが夕刻近いことと危険を考慮してやめた。たしかこの後に新府城へ移動したと記憶している。
JR中央本線「韮崎」下車 韮崎市民バス「上円井上」行で「武田八幡入口」下車 徒歩30分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2004/03/21・2009/12/30