福島城
 
別 名 石水寺丸山城
所在地 山梨県甲府市上積翠寺町
築城者 武田信虎
築城年 永正17年(1520)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考 続日本100名城
評 価
主郭
遠景 竪土塁 虎口
虎口 主郭 主郭 土塁
石積 石積 堀切
 
 躑躅ヶ崎館はいつも多くの人で賑わっているが、さすがに要害山城まで訪れる人は少ない。それでも無理なく登れる山で道も整備されているので時々ハイカーとすれ違う。丸いお椀を伏せたような山に見えるが、実際にはかなり奥行きがある山である。
 虎口の厳重さが好きで訪れる度に感動を覚える。普段は主郭とその背後の堀切を見て帰るのだが、年末に友人と訪尾根を縦走して熊城まで歩いてみた。このときはのことはよく覚えていて、これでもかと続く尾根の堀切と竪堀をじっくりと楽しんだものだった。
 はじめて訪れたときには山頂に広い主郭があることに驚かされた。山頂は小さな郭があるだけだろうと思っていたのだが、それぞれの郭は想像していたよりもずっと広かった。主郭には武田信玄誕生地の碑が建つが麓の積翠寺にも同じ碑がある。
 
中央本線・身延線「甲府」下車 山梨交通バス「積翠寺」行で終点下車 徒歩45分
 
2004/01/03・2008/12/20 中世城郭事典/新人物往来社
戦国武田の城/有峰書店新社
 
熊出没注意