福島城
 
別 名
所在地 山梨県甲府市下積翠寺町
築城者 神宮寺氏
築城年
廃城年
現 状 宅地
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
現況
 
 躑躅ヶ崎館から要害山城へ向かう道筋に神宮寺氏の屋敷跡があり、今も子孫が暮らしている。武田信義の末子に神宮寺六郎実義がいたとという甲斐国志の記述がある。当時の武田氏は韮崎を拠点としていたので肯定はできかねるが、躑躅ヶ崎館から近い場所に屋敷を与えられているところを見ると戦国時代には一門衆に準ずる扱いを受けているように思える。本家の周囲には年代不詳の石積もあるが、一般の民家なので近づくことは差し控えた。
 
中央本線・身延線「甲府」下車 山梨交通バス「積翠寺」行で「神宮寺」下車 徒歩3分
 
2015/04/17 甲斐の山城と館/戎光祥出版