別 名
所在地 山梨県韮崎市穴山町
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林・農地・御名方神社
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 城の歴史ははっきりしない。新府城の防衛線として武田勝頼が築いたとか穴山氏の要害が築かれていたという説がある。主郭には守屋氏発祥の地という石碑があるので守屋氏の居館があったかもしれないが、今も残る遺構は新府城へ逃げ込んだ武田勝頼か天正壬午の乱で甲斐へ進出した徳川軍の手によるものと思って間違いない。
能見城 西桝形虎口の土塁 西桝形虎口の土塁
西曲輪跡 能見城主郭跡 腰曲輪
黒駒砦跡の虎口 黒駒砦跡の土塁と空堀 黒駒砦跡の土塁と空堀
堂坂砦跡 堂坂砦跡の空堀 堂坂砦跡からの眺望
 山梨県へは数えきれないほど訪れている。武田の城が好きということもあるが山梨の風土や風景が好きで、特に甲府よりも人の少ない韮崎から北の街並みが好きである。穴山や新府周辺を起点とすることが多いので能見城は何度も訪れている。最初は何もない城と思っており確かに能見城そのものは城と思えないぐらいに何もないが周辺の防塁はとてもよく残っていることを知った。それからは訪れる度に防塁を見て歩いている。
中央本線「穴山」下車 徒歩5分
甲斐の山城と館/戎光祥出版・戦国武田の城/有峰書店新社
2004/03/21・2013/10/02・2014/09/11