別 名 朝日山塁
所在地 山梨県北杜市高根町村山北割
築城者 北条氏直
築城年 天正10年(1582)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 天正10年(1582)に織田信長が本能寺の変で斃れた後の甲斐を廻り徳川家康と北条氏直が激しく争ったのが天正壬午の乱である。旭山には以前から武田氏が構えた烽火台があったが北条氏直がそれを改修したのが旭山城とされる。それに対して徳川勢は新府城を修築し本陣を構えて北条氏と対峙している。武田氏の旧領を略奪するために武田氏が築いた城郭が利用されていることに諸行無常を感じる。戦いは徳川勢優位で推移し北条氏が不利な立場を受け入れつつ講和が成り立った。
旭山城 城址碑 主郭跡
主郭跡の虎口 二の郭跡 二の郭跡の土塁と空堀
 北杜市の城館探訪は旭山城が最後となった。楽しみは後に取っておくつもりで周辺の小さな屋敷跡から訪ね歩いたが、そのおかげで旭山城へ着いたときはけっこうな距離を歩いていた。標高900mを超える山だが舗装された林道を登るのと傾斜が緩やかなために山城へ登るという感覚はあまりしなかった。
 長坂駅から旭山城までの道のりはとても長い。途中にいくつかの城館があるので退屈はしなかったが、全行程を終えて長坂駅までを戻る道のりは果てしなく遠く感じた。旭山城は標高911mの山頂なので風が気持ち良かった。急ごしらえの山城で遺構はあっさりとしていたが二の郭の土塁と空堀はしっかり造り込まれている。それに対して主郭はほとんど自然地形であり途中で放棄されたことが如実にわかる。
JR中央本線「長坂」下車 北杜市民バス「清里駅」行で「新井」下車 徒歩1時間15分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2015/10/15