福島城
 
別 名 江草城
所在地 山梨県北杜市須玉町江草
築城者 江草信泰
築城年 応永年間(1394〜1428)
廃城年 天正10年(1582)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 北杜市指定史跡
備 考
評 価
腰郭 石積
遠景 堀切 横堀
石積 石積 腰郭
主郭 主郭 竪土塁
 
 獅子吼城は行きたい山城のひとつだった。夥しい石積を自分の目で見てみたいという気持ちがあったが、あまり便利とは言えない場所にあるために後回しになっていた。重い腰を上げて韮崎駅からバスに揺られてようやく訪問が叶った。江草富士と呼ばれるだけあって遠目に見ても美しい山容の山である。
 南北朝の争乱が収束した頃に江草兵庫助信泰が獅子吼城に拠っていたが、鎌倉時代の終わりには信田小右衛門実正が居城していたという記録がある。武田信虎が家督を継承した時代には同じ甲斐源氏の今井信是が信虎の甲斐統一の前に立ちはだかった。これに呼応した大井、栗原といった国人衆が信濃の諏訪氏を巻き込んで信虎に対抗し甲斐は天地を揺るがすような騒ぎとなったが、猛将信虎はこれを平定しようやく武田氏は甲斐守護に相応しい地盤を固めることができた。獅子吼城もこのときに落城したが佐久へ繋がる軍道を抑えるための烽火台が置かれた。武田氏が滅亡後の天正壬午の乱では北条氏の軍勢が獅子吼城に入ったが、武田氏の残党を従えた徳川家康配下の服部半蔵が夜襲をかけて獅子吼城を攻め落としている。静かに眠る石垣群は濁流のように甲斐を洗った歴史を目の当たりにしてきたということになる。
 麓から車道を登りつめて城内へと入る。堀切を越えて中心へ向かうと立派な横堀が出迎えてくれた。あちこちに巨岩が転がり石積が顔を覗かせている。かなり崩落が進んではいるが、今も堅固な構えを見せている箇所もあった。主郭に立つと古城の雰囲気が漂う。主郭へ上がる途中の腰郭に積まれた石積がいちばん良い状態だと思う。10月下旬でも草が生い茂っていたが、吹き抜ける風はひんやりしていた。石積の中を歩くのは惑星探査をしているようで不思議な気分だった。
JR中央本線「韮崎」下車 山交タウンコーチ「増冨温泉郷」行で「平」下車 徒歩40分
2015/10/26 甲斐の山城と館/戎光祥出版
熊出没注意