別 名 笹尾塁
所在地 山梨県北杜市小淵沢町下笹尾
築城者 笹尾石見守
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 城山公園
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 北杜市指定史跡
評 価
 土豪の笹尾氏が築いた砦というが甲斐統一の過程で国人領主との争いが続いていた武田信虎が諏訪氏に備えて築かせた要害ともいう。諏訪氏の内紛で甲斐へ身を寄せた金刺一族が笹尾砦を守ったとする記録もあるが、いずれが正しいのかはわからないしいずれもが正しい歴史を伝えているのかもしれない。
笹尾城 堀切 三の郭跡
堀切 二の郭跡の虎口 二の郭跡の土塁
主郭跡 捨曲輪跡 笹尾城からの眺望
 国境を守る砦に興味があり小淵沢の笹尾砦へと出かけた。小淵沢駅から路線バスはあるが時刻表の本数を見てすぐにあきらめた。小淵沢駅から歩いて45分ぐらいだったと思うが5月なのに夏のような暑さだった。容赦のない日差しがアスファルトに反射しそれを遮るものもないまま炎天下の中をひたすら歩いた。
 駐車場が完備されているがために三の郭が破壊されているのが残念だった。四の郭と五の郭は手つかずの雑木林のままで二の郭と主郭は綺麗な公園となっている。尾根の先端へ進もうとすると倒木の恐れがあるため通行止めの看板があった。せっかくここまで来て引き返すわけにもいかず先へ進んだ。平日の昼間で誰もいない中を低い土塁が囲む二の郭と巨大な土塁に守られた主郭を存分に楽しんだ。その先端には捨郭があり教来石集落へと続く道が続く。捨郭にはキツネがいて自分のほうへ振り返りずっと見つめていた。眺望も美しく充実した時間をここで過ごしている。
JR中央本線「小淵沢」下車 徒歩45分
甲斐の山城と館/戎光祥出版・笹尾砦跡案内板
2015/05/20