別 名 茶臼山城
所在地 山梨県北杜市大泉町谷戸
築城者 逸見清光
築城年 平安時代末期
廃城年 天正10年(1582)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 甲斐源氏の祖となった逸見清光が築いたと伝わる谷戸城を見たくなった。平安時代の築城というのは疑わしいが正治元年(1199)に清光は谷戸城で亡くなったという。伝承が残る以上は否定するつもりもないし甲斐国内でも古い城のひとつであることに変わりはない。それからの歴史は今ひとつぼんやりとしている。信濃佐久郡へ出陣した武田信玄は矢戸御陣所に宿泊したことが高白斎記に記されているが、これはおそらく谷戸城のことなのだろう。今も残る遺構はとても平安から鎌倉時代のものではなく信濃へ向かう道中にあることや武田氏の祖先ゆかりの地であることから信玄の時代も谷戸城は維持されていたと思う。
谷戸城 大手跡の空堀 西出丸跡
三の郭跡の虎口 三の郭跡の土塁 二の郭跡の土塁と空堀
二の郭跡 主郭跡の土塁 四の郭跡の横堀
 長坂駅から谷戸城までの道のりは本当に遠かった。9月初旬で残暑が残る中だったので余計に遠く感じた。途中の城館跡にも立ち寄ったので相当な距離を歩いたと思う。谷戸城にたどり着いたときには少し意識が遠のくほどだった。谷戸城では少し陽射しが弱まったおかげで幾分救われた思いがしたが、それでもこの日は風があまりなく蒸し暑さを感じた。
 国の史跡だけあって谷戸城の整備は行き届いている。9月初旬でも綺麗に草刈りがされているので歩くのが楽だったし、要所に案内板が設置されているのも嬉しい配慮である。土塁の内側に空堀が備わっているのはどのような意図が隠されているのかわからない。吉野ヶ里遺跡でもこのような遺構が見られるが、谷戸城とは年代的にかなりの隔たりがある。緑が鮮やかで居心地の良い城跡だったが軽い熱中症になりかけていたため歴史館には立ち寄らなかった。帰りも同じ距離を歩かなければならないのが苦痛だったが何とか無事に長坂駅へ帰り着いている。
JR中央本線「長坂」下車 徒歩60分
甲斐の山城と館/戎光祥出版・谷戸城跡案内板
2015/09/03