別 名
所在地 山梨県韮崎市旭町上条中割
築城者 甘利昌忠
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 これだけ立派な山城が昭和の終わりまで発見されなかったのは驚きだが伝承では武田二十四将に数えられる甘利左衛門尉昌忠が築いた要害とされる。平素の居館は大輪寺のある場所に置かれ有事の際に立て籠もる城として築いたのだろう。扇子平山城で実戦が行なわれたかはわからないが、やや奥まった場所にあることから戦闘を行うというよりも潜んで時勢を待つといった逃げ込み城ではなかったかと思う。
扇子平山城 烽火台跡 堀切
三の郭跡の土塁 堀切 二の郭跡
主郭跡 主郭跡の土塁 堀切
 甘利氏館跡の大輪寺へ訪れたときに境内の案内板に目を通すと扇子平山城について触れられていた。伝承が残り扇子平という場所も特定されていたが城跡が見つかったのは昭和の終わり頃だった。単独では行きづらい場所だが年末に友人たちと訪れることができた。
 先頭に立って尾根まで来たところで真新しい熊の糞を見つけた。風で木が音をたてるだけで怖くなり後続が追いつくのを待った。烽火台という案内板を見つけて城域に入ったことがわかりそこから先も郭ごとに案内板が設置されていたのが親切に思えた。予想を遥かに上回る見事な山城であり画像で見ても土塁の盛り上がりはよくわかると思うが現地で見るともっと迫力がある。
JR中央本線「韮崎」下車 市営バス「社会福祉村」行で「小曽根」下車 徒歩50分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2009/12/30