福島城
 
別 名 新府中韮崎城
所在地 山梨県韮崎市中田町中篠
築城者 武田勝頼
築城年 天正9年(1581)
廃城年 天正10年(1582)
現 状 藤武神社・山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考 続日本100名城
評 価
本丸 土塁
遠景 大手 三日月堀 大手 枡形虎口
東三の丸 東三の丸 西三の丸
二の丸 土塁 本丸 土塁 本丸 土塁
本丸 搦手馬出 搦手馬出 土塁
搦手 土橋 東出構 水堀
 
 武田氏最後の居城となった新府城は訪れる人も少なくいつもひっそりとしている。秋か冬の夕暮れに来ているせいか、自分が落ち葉を踏みしめる音しか聞こえない静寂に包まれた城跡だった。いつ訪れても武田の落日を感じずにはいられない雰囲気がある。
 信虎が甲斐を統一し躑躅ヶ崎に館を構えて以来、名門武田氏は隆盛を誇った。全盛を迎えた信玄の時代にはその版図を拡大し、信濃を皮切りに上野から武蔵へ侵出し、西は駿河、遠江を越えて三河や美濃にまで武田の旗が靡いた。信玄があと5年も生きながらえたらどうなっただろうか。その死が日本史に与えた影響は大きい。信玄が没して家督を継いだ勝頼は凡将ではなかったが、やはり父を超えるほどの器ではなかった。最近になって再評価されている面もあるが、それらの多くは判官贔屓に過ぎず親族からも離反され、父祖伝来の館を手放して新府城を築いた時点で武田氏の命運は尽きていたように思う。勝頼に並以上の器量があったのなら妻の実家である北条氏との連携を強めるべきであったし、半ば意地になって西進を行なうべきではなかった。短期間の築城ながらこれだけの遺構を残す新府城を見るにつけ領民の苦悩もいかばかりだったかと思わざるを得ない。
 少なくとも5回は訪れているが、新府城とその周辺の風景は30年を経てもほとんど変わらない。真新しい看板と駐車場が整備されたが無人駅の新府駅から新府城までの道程と周囲の光景はほとんど昔のままだった。不思議と晴れた日に訪れたことが少ない城でほとんどは霧に包まれた秋の日か師走の夕暮れ時でいつだったか小雪が舞う中を歩いたこともある。自分の中の新府城はいつもモノクロームの光景しか浮かばない。完成した新府城をすぐに放棄せざるを得なかった武田勝頼の心情を考えると哀れに思う。城跡にある勝頼主従の墓標を見ると手を合わさずにはいられない。魅力を感じる城は多くあるが、これほど美しく思える城は他にあまりない。
JR中央本線「新府」下車 徒歩10分
2008/06/27・2009/12/30・2014/10/21 甲斐の山城と館/戎光祥出版
中世城郭事典/新人物往来社