福島城
 
別 名
所在地 山梨県甲府市酒折町
築城者 酒依氏
築城年
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
浄正院
 
 酒折駅は山梨学院高校があるので朝の中央本線はけっこう人が降りる。駅から緩やかな坂を上がると浄正院があり、屋敷跡はその西側に構えられていたと思われる。板垣越中守が酒依郷に居住して酒依氏を称したという。
 戦国時代に酒依越後守昌元が上州膳城で討死している。それは天正8年(1580)に武田勝頼が膳城を攻めたときのことだろう。昌元の子昌光は長篠の戦いで戦死しているので昌元は子に先立たれたことになる。その子孫は徳川家康に召し出されて幕臣となった。
 
JR中央本線「酒折」下車 徒歩3分
 
2015/04/17 甲斐の山城と館/戎光祥出版