別 名
所在地 山梨県都留市与縄
築城者 谷口豊後守
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 伝承では谷口豊後守の居城という。郡内を支配した小山田氏の被官であったのだろうがこれといった事跡は伝わっていない。与縄城は副郭を備えており土豪の居城としては規模が大きい。甲斐の山城と館に記される通りで幅の広い空堀を見ると相当な身代の武士が構えた城という感じがする。
溝沢 二の郭跡 土塁と空堀
主郭跡 東堀
 6月の暑い日に都留市の城館探訪をした。寒い時期に行けばいいのだろうが何となくこの時期に訪れてみたかった。禾生益から与縄集落へ向かう途中で飲料水を買い込んだ。とにかく暑い日だったことと蒸せ返るような草いきれだけを記憶している。
 与縄城は山裾の河岸段丘を利用した城であっさりとしている。空堀は広くて立派だったが郭の中は草が生い茂りとてもではないが入る気にならなかった。農地になっている主郭は避け二の郭に立つがやはり草ばかりだった。城跡探訪としては今ひとつだったがここまで来るとウラギンヒョウモンなどいろいろな種類の蝶が乱舞していて楽しかったことが思い出される。
富士急行「禾生」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・甲斐の山城と館/戎光祥出版
2012/06/15