別 名 金井館・中津森御所
所在地 山梨県都留市金井
築城者 小山田信有
築城年 大永7年(1527)
廃城年 享禄3年(1530)
現 状 用津院・農地
遺 構 空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 郡内の国人領主として君臨した小山田氏は坂東平氏の秩父氏から分かれた一族であり東京都町田市にその発祥の地がある。鎌倉時代に甲斐へ移住した一族が勢力を増し戦国時代には武田氏の重臣として活躍している。中津森館を構えたのは小山田越中守信有であるが、小山田氏当主は代々信有を名乗り、また通称も弥三郎と名乗る者が複数いてその事跡が混同しているようで紛らわしい。有名なのは武田信玄の全盛時を支えた信茂であるが彼が生まれた頃の小山田氏は中津森館を引き払い谷村に拠点を移している。
 谷村の城館探訪をしたときに小山田氏の居館である中津森館に立ち寄った。用津院と桂林寺の中間あたりとされるが甲斐の山城と館では用津院を館跡と捉えている。水田の中に堀跡があるのが唯一の遺構らしい。今はわからないがこの当時は案内板などはなかった。
富士急行「都留市」下車 富士急バス「宝鉱山」行で「金井入口」下車 徒歩5分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2004/10/02