別 名
所在地 山梨県都留市上谷
築城者 小山田信有
築城年 享禄5年(1532)
廃城年 天正10年(1582)
現 状 都留市役所・谷村第一小学校
遺 構 水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 中津森館を拠点としていた小山田越中守信有が谷村城を居城としたのは享禄5年(1532)のことという。この頃には小山田信茂が生まれている。桂川に沿った細長い縄張りの城で現在の谷村町に家臣の屋敷と城下町が形成されていた。川を挟んだ対岸には勝山城が聳えるが、谷村城が築かれたのと時を経ずして小山田氏が築城したと考えるのが妥当だろうと思う。天正壬午の乱で北条氏が修築した後に徳川家康の家臣鳥居元忠が谷村城に入ったとされる。豊臣政権下では羽柴秀勝の家臣三輪近家が入り加藤光泰の時代を経て浅野幸長の支配下となった。近世初期に再び鳥居氏が入り秋元氏が勝山城を居城としているが、平時の政務は谷村城で執り行ったのだろう。秋元氏が川越へ移封されると谷村には代官所が置かれ谷村城も田畑になったという。
水堀 高尾神社 桂川
 勝山城へ訪れるときにいつも目にするのが谷村城跡の石碑である。遺構はもうないが用水路が水堀を連想させる。落ちたらひとたまりもないような急流で驚いた。はじめて訪れたときはちょうど小学校の運動会だった。元気な小学生たちを眺めつつ石碑を撮影している。
 谷村城の遺構はほとんど消滅しており前述のように用水路に在りし日の水堀の姿を連想することぐらいしかできなかった。郭跡は高尾神社と谷村第一小学校となり主郭には都留市役所が建っている。初めて訪れた日からは長い月日が流れた。校庭で元気に演目をこなしていた子どもたちも立派な大人になっていると思うと感慨深いものがある。
富士急行「谷村町」下車 徒歩3分
城郭と城下町/小学館・中部の城/小学館
2004/10/02・2012/06/15