別 名
所在地 山梨県北杜市須玉町若神子
築城者
築城年
廃城年 天正10年(1582)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 北杜市指定史跡
評 価
 武田氏ゆかりの里として地元も喧伝しているが若神子城と武田氏の関わりはあまりよくわかっていない。若神子北城と南城に関しては天正壬午の乱で北条氏が陣所として構築した城と考えられている。確かに広大な郭を見ていると恒久的な城というより短時間で仕上げた駐屯地という印象を与える。
若神子北城 標柱 曲輪跡
土塁 土塁 曲輪跡と土塁
 若神子城へ向かうときに若神子北城へ立ち寄った。それまで晴天だった空はこの頃から雲行きが怪しくなり若神子北城を歩いているときに雷鳴が轟いた。季節はまだ残暑が残る9月であり遺構は藪の中で埋もれていた。
 麓にある正覚寺で源義光と義清の墓を見たが、もしかすると正覚寺は武田氏初期の居館だったのではないかとも思った。テニスクラブへ続く車道を登るときに都会ではまったく見られなくなったキリギリスがたくさんいた。雨がそぼ降る中を城跡へ踏み込むと意外なほどの遺構が残されていることがわかった。単純な縄張りではあるが若神子城よりも北城のほうが遺構は良好だと思う。
JR中央本線「韮崎」下車 山梨交通バス「増冨温泉郷」行で「若神子古城入口」下車 徒歩40分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2014/09/11