福島城
 
別 名 鷹巣城・向原砦・絵見堂山砦
所在地 山梨県韮崎市穂坂町三之蔵
築城者 武田信長
築城年 永享年間(1394〜1441)
廃城年 永享5年(1433)
現 状 農地
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
遠景 空堀 土塁
 
 遠目に眺める日ノ出城は荒々しく姿であり難攻不落を感じさせる。たった一枚の遠景写真を見て行きたくなった城でもあった。国人衆に甲斐を追われた武田信長が日一揆とともに拠った城である。甲斐と言えば武田氏という図式が多くの人々に刷り込まれているが、実際にはとてもではないが平穏な歴史ではなく、武家政権の始まりからその苦難が始まっている。
 上杉禅秀の乱に加担した武田氏は当主武田信満が討死して以来、逸見氏を筆頭とする国人衆の力が強まり国主不在という異常な状況が続いていた。武田信長は日一揆を味方として武田氏再興を目指したが、逸見氏と守護代跡部氏に味方した輪宝一揆との争いに敗れ甲斐を去った。日ノ出城はそのまま荒廃したが、武田氏滅亡後に甲斐へ侵攻した北条氏に対抗するため徳川家康が日ノ出城を修築した。やや話が逸れるが武田信長は足利義教の庇護を受けた後に古河公方へ仕えて上総に出兵し真里谷武田氏の祖となった。
 城跡は無残なまでに破壊されていた。要害地形を頼みとした城だから遺構もそれほど技巧に富んでいたこともないと思うが、中央自動車道が分断しており一面のぶどう畑が広がっている。山梨県内の丘にある城の多くが道路建設の犠牲となり破壊されたのは残念に思う。麓近くから眺めた日ノ出城はどうやっても攻め込めないような印象を受けるが案外と楽に登ることができた。主郭には石碑と案内板が建ち大まかな郭の配置がわかるが遺構はほとんど残っていない。畑から外れた藪の中にわずかな土塁と空堀が見られるぐらいだった。
中央本線「新府」下車 徒歩1時間
2014/10/21 甲斐の山城と館/戎光祥出版
日ノ出城跡案内板
熊出没注意