別 名 弥太郎屋敷
所在地 山梨県北杜市武川町柳澤
築城者 柳沢信興
築城年 室町時代
廃城年
現 状 農地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 室町時代に柳沢弥十郎信興が柳澤村の領主となり周辺の同族武士たちと武川衆を組織して武田氏に仕えている。武田氏滅亡後は柳沢信俊が徳川家康に仕え子孫は幕臣となるが、その中から幕閣の大物柳沢吉保を輩出している。
 甲府城主となり故郷に錦を飾った柳沢吉保の祖先が暮らした柳沢集落を訪ねた。辺鄙な場所で車で訪れるほうが無難だが、この日は日野春駅から歩いて来ている。県道が大きく蛇行する場所の南に広がる農地が屋敷跡推定地ということだった。屋敷跡は氾濫原のため遺構は早くに失われているが石碑と案内板があるので探しやすかった。遠くに見る山々が美しく遺構などなくても感慨に浸れる場所だった。
JR中央本線「日野春」下車 北杜市民バス「西村入口」行で「柳沢下」下車 徒歩5分
甲斐の山城と館/戎光祥出版・柳沢氏屋敷跡案内板
2015/09/30