福島城
 
別 名
所在地 山梨県北杜市須玉町大蔵
築城者 真田信尹
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地・農地
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁
 
 真田信繁の叔父真田信尹は真田幸隆の四男として生まれている。幼少期に武田氏へ人質に出されたが、武田信玄に気に入られ加津野氏の名跡を継いだという。おそらくその頃に構えた屋敷だと思う。
 やや入り組んだわかりづらい場所に屋敷跡はあった。宅地となっているので内部は見られないが、外周の石を積んだ土塁は健在だった。とにかくこの日は長い距離を歩いて疲労が大きかったことしか覚えていない。
 
JR中央本線「韮崎」下車 山梨交通バス「増冨温泉郷」行で「新橋」下車 徒歩5分
 
2014/09/11 甲斐の山城と館/戎光祥出版