別 名
所在地 山梨県北杜市須玉町江草
築城者 武田氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 斑山は戦国時代に武田氏が烽火台を設置したとされる。
 標高1115mを誇る斑山は北杜市を歩いていると嫌でも目に入る。そのため当然のように戦国時代に武田氏が烽火台を設置している。登山道入口は西側の小倉地区にあるが他にも複数のルートがあるらしい。城館跡としての遺構はおそらく微妙と考えられるのでわざわざ訪ねて確かめるという気持ちは湧き起らなかった。実際に訪れた人の話では旧須玉町が設置した標柱が設置されているが遺構はないという。
JR中央本線「韮崎」下車 山交タウンコーチ「増冨温泉郷」行で「中尾」下車 徒歩2時間
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2015/10/15