福島城
 
別 名 朝日山塁
所在地 山梨県北杜市高根町村山北割
築城者 北条氏直
築城年 天正10年(1582)
廃城年 天正10年(1582)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
二の郭 土塁
遠景 主郭 虎口 二の郭 空堀
 
 織田信長の死後、甲斐を廻って徳川家康と争った北条氏直が築いたのが旭山城だった。長坂駅から旭山城までの道のりはとても長い。途中にいくつかの城館があるので退屈はしなかったが、帰りの道は果てしなく遠く感じた。
 標高911mの山頂にあるため風が気持ち良かった。急ごしらえの山城のため遺構はあっさりとしたものだった。土塁と空堀がしっかりと造り込まれている部分もあるが、途中で放棄されたことがわかるような印象を受けた。
 
JR中央本線「長坂」下車 北杜市民バス「清里駅」行で「新井」下車 徒歩1時間15分
 
2015/10/15 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
熊出没注意