別 名
所在地 山梨県北杜市白州町横手
築城者 横手氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構 空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 北杜市指定史跡
評 価
 横手氏は武川衆の青木氏からの分立した一族という。武田氏全盛の時代にも横手氏の名は見られ永禄10年(1567)の生島足島神社の起請文の中に横手監物満俊がいるがこの翌年に満俊は駿河花沢城攻めで討死している。
 暑さも少し落ち着いた頃に武川衆の屋敷廻りをした。日野春駅と長坂駅の間を大きく蛇行しながら甲斐源氏に連なる一族の屋敷跡を訪ね歩いたが、今になって思えばよくあれだけの距離を歩いたものだと思う。距離にして30キロはあるだろうし何よりも山ばかりの甲斐なのですべての行程でアップダウンが激しかった。
 横手氏の屋敷跡は少しわかりづらい場所にあるので迷ったときは安福寺を探すと良い。安福寺の南西に標柱があるので目印になった。空堀は南側に残る程度だがわずかながらも見応えのある遺構だった。
JR中央本線「日野春」下車 北杜市民バス「西村入口」行で「横手下」下車 徒歩10分
甲斐の山城と館/戎光祥出版・武田一族のすべて/新人物往来社
2015/09/30