福島城
 
別 名 於小路屋敷
所在地 山梨県北杜市高根町村山北割
築城者 日向是吉
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石祠
 
 武田信虎と信玄に仕えた日向大和守の屋敷跡は北杜市役所高根支所の北にある。武田二十四将にこそ数えられていないが、日向大和守是吉は武田信玄の信濃侵攻で比類のない活躍をしている。是吉は戸石崩れで討死してしまったが、息子の虎忠が最後まで武田勝頼に従い、武田氏滅亡のときは故郷の村山郷で自害したという。付近は民家が建ち並び遺構はないが、屋敷の中心に建つ家の庭先には日向大和守を祀る小さな石祠があった。
 
JR中央本線「長坂」下車 北杜市民バス「清里駅」行で「高根総合支所前」下車 徒歩10分
 
2015/10/15 甲斐の山城と館/戎光祥出版