別 名
所在地 山梨県北杜市大泉町谷戸
築城者 谷戸淡路守
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 道喜院
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 道喜院とその一帯には武田信虎に仕えた谷戸淡路守の居館があったという。天文3年(1534)に谷戸淡路守は屋敷内に道喜庵を建立し、慶長元年(1596)に城向山道喜院となったということが寺の由来を刻んだ石碑に記されていた。
道喜院 逸見神社 御所
 谷戸城へ訪れた帰り道に谷戸の道喜院へ立ち寄った。特に遺構は見られないが石碑には谷戸淡路守が屋敷を構えたことが刻まれていた。ここから南には古くから御所と呼ばれてきた場所がある。今は一面の水田になっているが谷戸氏の館はひとつではなく一族が分かれて暮らしていたのだろう。
JR中央本線「長坂」下車 徒歩1時間
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2015/09/03