別 名
所在地 山梨県甲府市古府中町
築城者 武田信廉
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 武田信廉は天文元年(1532)に武田信虎の三男として生まれている。生母は信玄、信繁と同じ大井夫人である。同母兄弟だから風貌もよく似ていたようで信玄の影武者を務めることもあったという。
 躑躅ヶ崎館を訪ねたときに周辺にある武田家臣団の屋敷跡を訪ねてみた。以前はなかったが今は原美濃守虎胤を除く二十四将の屋敷跡に案内板と標柱が設置されている。信玄の影武者を務めた武田刑部少輔信廉の屋敷跡は躑躅ヶ崎館の北側で味噌曲輪があった付近に構えられていた。
 黒澤明監督の影武者の中で仲代達矢が演じる信玄と山崎務が演じる信廉はメイクのおかげもあるが細面でよく似ている。武将としてはあまり華々しい活躍は伝わらず、落日の武田氏の中にあって織田信忠の軍勢を前に敵前逃亡をするなど晩節を汚したこともあり兄たちと比べて人気がない。絵画がとても上手な人で両親を描いた肖像画は今も重要文化財として当時を知る貴重な文化遺産となっているが、違う時代に生まれていれば文化人として名を残したかもしれない。
JR中央本線「甲府」下車 山梨交通バス「積翠寺」行で「塚原入口」下車 徒歩1分
武田信廉屋敷跡案内板
2008/12/20・2015/04/17