別 名
所在地 山梨県甲府市古府中町
築城者 横田高松
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 農地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 横田氏は甲斐源氏出身ではなく近江源氏佐々木氏の末裔という。南近江を支配した六角氏のもとを離れて甲斐へやってきた外様だが、武田信虎からの信頼は厚く仕官してすぐに知行三千貫を与えられている。外様ゆえに横田高松が体を張って働いたことは身体に刻まれた31ヶ所の戦傷が物語る。その最期も戸石崩れの殿軍を引き受けての壮烈な討死だった。
 躑躅ヶ崎館の大手近くにある横田備中守高松の屋敷跡にはなぜか訪れていなかった。何度も目の前を通っているはずだが人の目は明るい方向に向かうものであり、整備された躑躅ヶ崎館の大手跡ばかりに目がいってしまい横田高松屋敷跡の案内板を見つけたのは武田二十四将の屋敷跡廻りの中でもっとも遅い順番となってしまった。その屋敷跡は一面の農地となっているが猛将高松がここから幾度も出陣したことに思いを馳せてみた。
JR中央本線「甲府」下車 山梨交通バス「武田神社」行で終点下車 徒歩7分
武田二十四将伝/新人物往来社・横田高松屋敷跡案内板
2018/06/12