別 名
所在地 山梨県甲府市古府中町
築城者 真田信綱
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 真田源太左衛門尉信綱は真田幸隆の嫡男として生まれた。少年時代から武田信玄に仕え永禄4年(1561)の川中島の戦いにも従軍している。上州攻略を担当した幸隆が岩櫃城を拠点とすると、信綱は嫡流の継承者として信州真田郷の本貫地を継いだらしい。信玄の出陣するところ常に付き従い武功を挙げたが、天正3年(1575)の長篠の戦いに真田氏当主として出陣し討死した。
 真田氏は謀将と呼ばれる武将を多く輩出している。その中で信綱は剛勇という印象を受けるが知略も相当なものだったと思う。武田晴信に仕え信濃先方衆として各地を転戦し、外様でありながら父子揃って二十四将に名を連ねている。
 父の幸隆と弟の昌幸、そして甥の信幸、信繁らは有名だが信綱の知名度はそれほど高くない。謀略が代名詞となっている真田氏だが主家に対する忠誠心は立派だと思う。信綱兄弟は壮烈な戦死を遂げ大坂の陣で壮烈に散った信繁もまた然りである。だからこそ真田氏は今日まで人気があるのだろう。
JR中央本線「甲府」下車 山梨交通バス「武田神社」行で終点下車 徒歩20分
武田二十四将伝/新人物往来社
2015/04/17