別 名
所在地 山梨県甲府市古府中町
築城者 山本勘助晴幸
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 古府中2号公園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 虚実入り混じる異形の武将は三河牛久保の出身と描かれている。武田氏が衰退する戦いとなった長篠からそれほど遠くない場所というのが皮肉でもある。諸国を流浪して駿河今川氏に仕えたがその怪異な風貌が嫌われて重く用いられることはなく、意を決して甲斐の武田信玄を訪ねたというのが小説や映画で語られる山本勘助の姿である。陣取りや築城に長け軍師として腕を振るったというのは甲陽軍鑑でしか伝わらないが、永禄4年(1561)の川中島の激戦で己の策が上杉軍に見抜かれたことを恥じて乱戦の中で討死を遂げたとされている。
 武田氏の軍師山本勘助の屋敷跡は町外れの公園の片隅にあった。風林火山の主人公として人気のある武将だがその実在については古くから議論が重ねられてきた。映画やドラマに描かれるような活躍はなかっただろうが僕は実在したと思っている。
 誰もいない小さな公園にひっそりと案内板が建つが武田神社からは少し距離がある。ここまで足を延ばす人もいないだろうが大河ドラマが放映されたときはそれなりに人が訪れたのかもしれない。一門衆や累代の重臣の屋敷跡が躑躅ヶ崎館の周辺や目抜き通りに沿って存在していたのとは反対に中心地からぽつんと離れた場所に屋敷跡が与えられていたことに現実味を感じる。
JR中央本線・身延線「甲府」下車 山梨交通バス「塚原」行で「塚原橋」下車 徒歩5分
山本勘助晴幸屋敷跡案内板
2018/06/12