別 名 実相寺館
所在地 山梨県北杜市武川町山高
築城者 山高信方
築城年 文保年間(1317〜18)
廃城年
現 状 実相寺
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 実相寺が武川衆山高氏の屋敷跡である。鎌倉時代に甲斐源氏の一条源八時信の子信方が山高氏の祖となった。戦国時代は武田氏に仕え武川衆を形成したが、天正10年(1582)に武田勝頼が滅ぶと山高信直は徳川氏に味方して花水坂の合戦で北条氏と戦っている。
実相寺 実相寺本堂 土塁
土塁 土塁 山高神代桜
 まだ少し暑さが残る時期だったが標高の高い北杜市であれば問題ないかと考えて早朝の日野春駅から歩き出した。歩き始めて間もなく靴擦れを起こしてしまい道中がとても遠く長く感じたものだった。救急箱なども持参しておらず咄嗟に靴下をずり下げて患部に当たる部分を二重にして保護するようにして事なきを得ている。
 実相寺境内の西と南に土塁が残っているが案内板などは見当たらなかった。有名な神代桜は見事な巨木ではあるが樹齢二千年は誇張があるように思えた。寺伝では一条次郎忠頼の屋敷と伝えられているが地名からもここは山高氏の屋敷だと思われる。
JR中央本線「日野春」下車 北杜市民バス「西村入口」行で「実相寺入口」下車 徒歩15分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2015/09/30