別 名
所在地 山梨県北杜市武川町山高
築城者 山高氏
築城年
廃城年
現 状 幸燈神社
遺 構 水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 山高氏は武田氏に仕えた武川衆の一員であり山高親之は川中島の戦いで武田信繁の首を上杉軍から奪い返したことで知られる。武田氏滅亡後は徳川家康に仕えるようになり天正壬午の乱では山高信直が北条氏と戦っている。その後も山高氏の子孫は旗本として続いた。
山高屋敷 幸燈神社 水堀
 日野春駅から幸燈神社への道のりは徒歩で1時間ぐらいかかった。幸燈神社が山高氏の屋敷跡と伝わり北西の高龍寺に山高氏歴代の墓がある。実相寺が山高信方の屋敷跡と伝わるので幸燈神社はその一族が屋敷を構えていたのだろう。幸燈神社の入口に水堀が残っている。
JR中央本線「日野春」下車 北杜市民バス「西村入口」行で「山高入口」下車 徒歩20分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2015/09/30