別 名
所在地 山梨県北杜市武川町柳澤
築城者 一条信長
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構 空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 平氏追討に功のあった一条次郎忠頼が鎌倉幕府に誅殺された後、武田信光の子信長がその名跡を継いで一条六郎と名乗り、孫の一条源八時信の子孫たちが武川衆を形成したとされる。実際に一条氏の子孫から山高氏、柳澤氏らが出て武川衆の中核を形成している。戦国時代には武田信玄に仕えてその一翼を担ったはずであるが一条氏そのものの活躍はあまり聞かれない。
 まだ多少の残暑が残る中を武川衆の故地を訪ねてみたくなった。山梨県は大半が盆地地形であり夏はたまらないほど暑いが、韮崎を過ぎれば標高も高くなり朝いちばんの列車に乗って現地へ着いたときは上着を一枚余計に持ってくれば良かったと思うほど寒いことが多い。日野春駅を降りたときも同じで薄手の長袖シャツでは寒く感じたものだった。
 順序はもう覚えていないが柳沢氏屋敷を訪ねたあとに白州町へ向かうこととして途中で一条氏の屋敷跡へ立ち寄った。今も子孫が暮らしていたのと門前に空堀が残されているのは意外な発見だった。この空堀も昔は水が張られていたように思う。今もこうして残っている旧家の屋敷構えは下手な城よりも感動できる。
JR中央本線「日野春」下車 北杜市民バス「西村入口」行で「柳沢上」下車 徒歩5分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2015/09/30