別 名
所在地 山梨県南巨摩郡南部町南部
築城者 南部光行
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 南部町指定史跡
評 価
 甲斐源氏加賀美遠光の三男光行が平氏追討の功により巨摩郡南部郷を与えられ南部三郎と名乗ったことが起源である。甲斐源氏は源頼朝の粛清で多くが誅殺されたが南部光行は奥州征伐で活躍し奥州に領地を与えられて赴任した。光行自身は晩年を鎌倉で過ごしており六男実長は甲斐に残り波木井氏の祖となっている。南部氏が去った後は同じ甲斐源氏の穴山氏が入部し下山へ移るまでの拠点を置いている。
南部三郎光行館 井戸 庚申塔
 奥州で飛躍した南部氏の館と街並みを訪ねてみたが居館跡への道はわかりづらかった。公民館の裏に案内板と井戸があるぐらいで名門南部氏発祥の地としては少し寂しい気もしたが、富士川の流れとどこまでも続く山々は訪れる者を爽快な気持ちにさせてくれる。
JR身延線「内船」下車 徒歩30分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2016/10/29