別 名
所在地 山梨県南巨摩郡南部町南部
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 南部の城山だから南部氏の詰め城と思いたいが、南部氏と南部城山城の関わりを示す資料と伝承はない。もっと後に武田氏が築いた可能性もあるとは思うが武田氏の築城様式とは異なる印象があるので天正壬午の乱で徳川勢が急仕上げで築いたものかもしれない。それぐらい郭の削平以外はあまり手の込んだ様子が感じられない城である。
南部城山城 腰曲輪 烽火台
主郭跡の櫓台 土橋 堀切
堀切 五の郭跡の土塁 南尾根の曲輪跡
古城山城の土橋 古城山城の曲輪跡 木戸
 前日の激しい雨で南部城山城は道がぬかるみ苦労をした。もっとも道などはなく新羅神社の裏から這い上がった。南部城山城を紹介している人は案外少ないが、その理由は藪がひどいことと苦労に対しての見返りが少ないことと思う。晩秋でも藪だらけでとても歩きづらかった。山梨県でもここは静岡県寄りなので甲府盆地ほど冷え込まないのだろう。
 東側から直登したが急斜面を木に掴まりながらよじ登った。いきなり主郭に出たのには苦笑いしたがひどい藪で郭全体を見通すことなどはできなかった。図面を見ながら北尾根の水溜めや烽火台を見たが風化が著しい。堀切は一部明確だがあまり鋭角ではなかった。南へ移動し東西に伸びる尾根と西へ伸びる尾根先端にある古城山も見ているが、やはり全体的にもっさりとしていて戦国時代末期の山城のような迫力は得られなかった。
JR身延線「内船」下車 徒歩45分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2016/10/29