別 名
所在地 山梨県上野原市松留
築城者
築城年
廃城年
現 状 正法寺
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 上野原は古くは横山党の古郡氏が開拓し鎌倉時代のはじめには加藤氏が入れ替わり領主となっている。そのいずれかに関わる居館だろうが残念ながらそれらを繋ぎ合わせる言い伝えはない。
松留館 土塁 土塁
 上野原市は東京からそれほど遠くない。言うなれば山梨県の表玄関のような場所にあるので何度か訪れている。近いというのは気楽なもので確認し忘れた遺構の撮影だけでも気軽に訪れることができる。そのわりに景色は雄大で山と清流に囲まれた美しい街である。
 松留館は上野原駅からそれほど遠くないが、この日は大倉の要害山へ登ったので相当な距離を歩いてからたどり着いた。歴史は何もわからないし案内板なども置かれていない。正法寺の住職に聞いても何も知らないということだった。畑や墓に立ち入らなければ自由に見てかまわないというので土塁を見て回ったがとても立派なものである。
 上野原駅から西へ歩き鶴川を渡った高台にある正法寺が松留館である。西に低い土塁が残り墓地の北側にも立派な土塁が残っている。由緒不明の城館跡ではあるが全壊した上野原城と比較すれば遺構が残るだけ満足感は得ることができる。
JR中央本線「上野原」下車 徒歩15分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2003/10/14・2012/10/05