別 名 要害山
所在地 山梨県上野原市大倉
築城者 加藤氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 要害山と呼ばれることから地元では城砦という認識もされており、遺構もよく残された山城だが言い伝えは残っていない。北条氏に対する武田氏の最前線ということから武田氏か上野原の加藤氏によって築かれたと思われるが、自分は武田信玄の時代よりも信虎が北条氏綱と争った時代の城ではないかと思う。その後も国境監視の城として番兵が置かれたのだろうと考えたい。
大倉砦 登山道 堀切
桝形虎口 主郭跡 主郭跡の土塁
主郭跡の土塁 虎口 二の郭跡
四の郭跡 四の郭跡の虎口 大倉砦からの眺望
 大倉砦までは上野原駅から出ている路線バスの本数が少ないために歩いて訪れたが10月初旬の上野原市街はかなり冷え込んでいた。上着を持参すれば良かったと後悔したが要害山の麓へ来たときは気温が上がっていた。ここまでの道のりはそれほど楽しい時間というわけではなく車道の路肩を歩かねばならないためにかなりストレスが溜まる。
 要害山入口の道標に従い大倉集落を歩いて行くと小さな神社の参道がある。登山口は参道の脇から一本道で続いていた。まだ蜘蛛の巣が多い時期であり熊除けの鈴も装着して登っている。駅前はあれだけ冷えていたのに山のてっぺんはまだ夏の様相だった。草を掻き分けながら山道を40分ほど登り要害山の山頂に着いた。大倉砦の見せ場でもある桝形虎口は夏草に覆われて散々だった。主郭の土塁は綺麗に残っており写真でもよくわかると思う。少し訪れる時期が早いために十分満足することはできなかったが適度に汗をかいて山頂では爽快な気分に浸れた。規模からすると城というよりやはり砦という感じがするが随所に工夫が凝らされて面白い山城だった。
JR中央本線「上野原」下車 富士急行バス「松姫峠」行で「鏡渡橋」下車 徒歩45分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2012/10/05