別 名
所在地 山梨県甲府市上曽根町
築城者 油川信恵
築城年 明応元年(1492)
廃城年 天正10年(1582)
現 状 農地
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 武田惣領家を継いだ武田信縄と弟の油川信恵が激しく家督を争った時代に勝山城は油川勢の拠点となった。この争いは国人領主たちも巻き込んで甲斐の国土を疲弊させるほど長引いた。一度は和睦した両者だったが信縄が死に信虎が跡を継ぐと再び油川信恵と岩手縄美は挙兵する。永正5年(1508)に勝山城の付近で両軍は激突し信虎の一方的な勝利となり油川氏とその与党は滅ぶ。永正12年(1515)になると今度は椿城主大井信達が信虎に敵対し勝山城には駿河の今川軍が大井氏の加勢として入った。信虎は飯田河原の戦いで今川軍を破りようやく甲斐は信虎の旗のもとで統一される。
 武田氏が滅んだ後の天正10年(1582)には北条氏政と徳川家康が甲斐を廻って争った天正壬午の乱が起きた。このときに勝山城は徳川方の服部半蔵が守ったという。
勝山城 城址碑 切岸
曲輪跡 腰曲輪 空堀
 甲斐の内紛を象徴する勝山城はのどかな果樹園となっていた。甲府市街から笛吹川を渡った上曽根地区に低い丘陵があるが、ここが度々争乱の場となったのかと思うぐらいになだらかな丘だった。果樹園となっているためにのどかで平和な印象しかない。
 勝山城の歴史を見ても甲斐国内において重要な場所にあったということがよくわかる。最終形態は徳川軍が布陣したときの姿であるが残念なことに開墾されてしまいあまり城跡という感じがしない。虎口に石碑が建っているが大部分が農地となり見応えは今ひとつだった。
JR中央本線・身延線「甲府」下車 山梨交通バス「豊富」行で「中村入口」下車 徒歩10分
戦国の戦い/学研・甲斐の山城と館/戎光祥出版
2005/09/17・2014/07/26