福島城
 
別 名
所在地 山梨県韮崎市神山町武田
築城者 武田信義
築城年 平安時代末期
廃城年 鎌倉時代
現 状 農地
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定 韮崎市指定史跡
備 考
評 価
標柱
 
 甲斐源氏の惣領武田信義の館跡は探すのにずいぶん手間取った。民家に囲まれた畑に白い柵があり標柱を見つけた。案内板には当時を偲ぶに足る土塁が現存と記されていたが、図面がないとわからないぐらい低くなっている。
 それから白山城に登り少し疲れていたが信義の墓がある願成寺まで歩いた。ちょうど彼岸の時期で墓参の人と間違えられたのか、住職にお茶を勧められた。確かに墓参りではあるが、先祖でもない武田信義の墓を見に来たと伝えると寒いからぜひという。その言葉に甘えて熱い茶を飲ませてもらった。あの日の邂逅は今も良い思い出として残っている。
 
中央本線「韮崎」下車 徒歩40分
 
2004/03/21 甲斐の山城と館/戎光祥出版
図説武田信玄/立風書房