別 名 平瀬烽火台
所在地 山梨県甲府市平瀬町
築城者 武田氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 平瀬城の歴史ははっきりとしていないが武田信虎が甲斐を統一し躑躅ヶ崎館を構えてから築かれたと考えて間違いはないと思う。信虎は躑躅ヶ崎館の詰め城として要害山城を築き、さらに古府中を囲む山々に烽火台とか鐘撞山と呼ばれる情報伝達を行なうための砦を構えている。もちろん信虎一代ではなく信玄の時代も継続して行われていたことだろう。
平瀬城 烽火台 曲輪跡
虎口の石積み 腰曲輪 崩壊した石積み
昇仙峡 昇仙峡 昇仙峡
 甲府駅を9時半ぐらいに出発したバスで御岳城を訪ねた。バスの本数が少ないので下山してから歩いて昇仙峡に立ち寄った。紅葉真っ盛りの昇仙峡は美しく疲れも感じない。五月雨岩や猿岩と見上げながらのんびりと歩きドライブインが並ぶあたりで千代田湖への道を入る。
 昇仙峡の観光馬車では牧童が馬に飼葉を食わせていたがサラブレッドの倍ぐらいあるような大きな馬だった。そうしているうちに円錐形をした平瀬城が見えてきた。別荘地になっているので山の中腹まで車道がある。道の突き当りから足場の悪い斜面を直登すると10分足らずで山頂へ着いた。
 山頂は平坦に均されて小さな祠があり落ち葉の下から石積が顔を出している。虎口が綺麗に残されているのが印象に残った。郭の周囲にも石積があるが全体的な造りは単純なものだった。オレンジに染まる木々が美しい静かな山でしばらく時間を忘れて腰を下ろしていた。
JR中央本線・身延線「甲府」下車 山梨交通バス「昇仙峡滝上」行で「平瀬入口」下車 徒歩30分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2014/11/28