別 名
所在地 山梨県甲府市大手
築城者 高坂昌信
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 高坂昌信の出自は武家ではなく農民の出身とされ少年の頃に武田氏に仕えたとされる。若くして足軽大将に抜擢され信濃川中島を廻る上杉氏との攻防では最前線の海津城を任された。信玄亡きあとも斜陽の武田氏を支えたが勝頼とはやや距離を置いたような節がある。信玄在世時のような華々しさは聞かれないようになり52歳の若さで静かに世を去った。
 武田氏の軍師といえば風林火山の主人公たる山本勘助が有名だが、実際にそれに近い役割を担っていたのは高坂昌信ではなかったか。一般的には高坂弾正忠昌信の名で知られるが最近の研究ではその生涯の大半を春日虎綱と名乗ったことがわかっている。高坂弾正と名乗ったのはほんの一時のことだったらしい。いずれにせよ武田氏の全盛時代を支えた名将だったことに違いない。
 古くから甲陽軍鑑の著者とされてきたが実際は小幡景憲が昌信の名を借りて書き上げたものとされ一次史料としては用いられていない。それでも資料的な価値が高い部分もあって武田氏研究の史料としては欠かせない存在ではある。昌信の屋敷跡は躑躅ヶ崎館の大手に通じる角地にありひっそりと標柱が建っている。
JR中央本線「甲府」下車 山梨交通バス「武田神社」行で終点下車 徒歩1分
武田二十四将伝/新人物往来社
2008/12/20・2015/04/17