別 名
所在地 山梨県甲府市武田
築城者 飯富虎昌
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山梨大学
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 飯富虎昌は武田信虎時代からの重臣であるが信玄が信虎を追放し家督を継承するときには信玄側についている。その後は信玄の嫡男義信の後見人となったがこれが虎昌の生涯を決定づけてしまった。今川義元が戦死して弱体化した今川氏を併呑しようとする信玄とそれに反対する義信の関係は急速に冷え込み義信は幽閉された後に殺害された。信玄にしてみれば虎昌もまた邪魔者でしかなくなり謀反の疑いで捕えられ自害させられている。
 赤備えの元祖でもある飯富虎昌の屋敷は山梨大学の敷地に相当する。虎昌は有能な武将ではあったが武田信玄が全盛を迎える前に死んでいるために知名度はそれほど高くない。せいぜい山県昌景の兄というぐらいにしか知られていないと思う。その昌景との血縁関係も年齢がかなり離れていることもあり兄弟ではなく叔父と甥ではなかったかとも考えられている。
JR中央本線・身延線「甲府」下車 徒歩20分
武田二十四将伝/新人物往来社
2015/04/17